血液

当院の血液疾患領域の診療は、常勤の専門医が現在は1名であり、対応出来うる疾患や人数は限られます。骨髄異形成症候群、白血病や多発性骨髄腫、悪性リンパ腫などを中心に診療していますが、高齢者が多く、高齢者の血液疾患が中心となっています。

若年者で移植などのより高度な治療が必要である場合は、岡山大学の血液・腫瘍内科や鳥取県立中央病院の血液内科に紹介させていただいたりしております。

これらの御協力をいただき、日々の血液診療を行っています。


診療している主な疾患は以下のとおりです。

悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、急性白血病、骨髄異形成症候群
慢性骨髄性白血病、骨髄増殖性腫瘍などの造血器腫瘍
キャッスルマン病、TAFRO症候群、IgG4-RDなどの炎症性疾患
様々な貧血や特発性血小板減少紫斑病をはじめとした出血病変

ページのトップへ