皮膚科

皮膚科について

当院皮膚科は、日本皮膚科学会の専門医研修施設(主研修施設:岡山大学病院)で、鳥取県東部地区において皮膚科医師による入院・手術治療が可能な医療機関の一つです。

2020年10月から1名体制で診療を行っています。

当科外来にはアトピー性皮膚炎・乾癬の重症患者さんや、血管炎・自己免疫性水疱症など難治性皮膚疾患の患者さんが多く受診されます。日本皮膚科学会の診療ガイドラインに準拠して、外用剤・ナローバンドNBUVB/エキシマライト照射・各種内服薬・生物学的製剤(乾癬:6種、アトピー性皮膚炎:デュピルマブ、特発性慢性蕁麻疹:オマリズマブ)・免疫グロブリン大量投与などを症例に応じて組み合わせて治療を行っています。

日光角化症(上皮内がん)・基底細胞がん・有棘細胞がんなどの皮膚悪性腫瘍も、当院で可能な範囲での皮膚外科治療を行います。メラノーマの進行例など当院で治療困難な症例は岡山大学病院皮膚科と連携して治療を検討します。熱傷・褥瘡など難治性皮膚潰瘍に対しても外用剤・創傷被覆材・局所陰圧閉鎖療法などにより治療を行っています。

なお病院と診療所の役割分担のため、軽症または症状の安定した患者さんや日常的皮膚疾患の患者さんは、かかりつけ医や皮膚科開業医の先生方に逆紹介して治療をお願いしています。



対象疾患

皮膚科一般(湿疹・皮膚炎群、最近・真菌・ウイルスなどの感染症、良性および悪性の皮膚腫瘍など)

主な検査:皮膚生検(病理組織検査)、細菌・真菌検査、皮膚アレルギー検査(パッチテスト:持参物、金属アレルギーセット)、光照射試験、ダーモスコピー

ページのトップへ