心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは?

心血管疾患患者の

  • 「身体的・心理的・社会的・職業的状態を改善」し、
  • 「基礎にある動脈硬化や心不全の病態の進行を抑制あるいは軽減」し、
  • 「再発・再入院・死亡を減少」させ、
  • 「快適で活動的な生活を実現」することをめざして、

個々の患者の医学的評価運動所要に基づく運動療法冠危険因子是正患者教育及びカウンセリング最適薬物療法を多職種チームが協調して実践する長期にわたる多面的・包括的プログラムをさします。




心臓サポートチーム設立

近年、心臓リハビリテーションの有効性のエビデンス(根拠となる臨床結果)が蓄積され、ガイドラインでも強く推奨されていますが、日本での普及は欧米に比べて大幅に遅れています。特に退院後の外来心臓リハビリテーションの普及が遅れており、退院後の心不全予防が不十分です。

当院では、2021年4月に包括的リハビリテーションを担うために多職種で構成された「心臓サポートチーム」を結成し、心臓リハビリテーションを開始。当面は退院された外来心疾患患者に対する心臓リハビリテーションを開始することとしました。

心臓サポートチーム

<構成メンバー>
医師・看護師・理学療法士・作業療法士・薬剤師・管理栄養士・臨床工学技士・検査技師・メディカルソーシャルワーカー




心臓の病気には運動が効果的!

心臓の病気は命に関わる病気で、日本人の死亡原因の第2位となっています。一度発症すると再発する危険性の高い病気なので、予防することが大切です。

運動を行うことで生活習慣病を予防・改善し、心筋梗塞などの心臓病の発病を予防し、また、再発を防ぐ効果があります。

心臓の病気をリハビリテーションで予防につなげる

入院中のリハビリテーション

早期離床を推進し、健康寿命の改善に効果的な運動療法を行っています。

治療中はベッド上で安静となることで、筋力や体力が落ちる傾向にあるため、退院後の日常生活に影響をあたえます。早期にリハビリテーションを行うことで筋力・体力の衰えを予防します。

退院後のリハビリテーション

再発・再入院予防などに効果的な運動療法を行います。

心肺運動負荷試験の結果に基づいた処方による有酸素運動(サイクルエルゴメーター、トレッドミル)や、筋力訓練を中心とした運動療法を行います。心電図などを確認し、安全性を確保しながら患者さんに適した強度の運動を行うことで、効果的なリハビリテーションを提供します。

心肺運動負荷試験の様子
医師が立ち合い、心臓への負担を見ながら最適な運動負荷を決めていく。




関連診療科・部署

ページのトップへ