BKP(経皮的椎体形成術)

近年の高齢者の増加に伴い、脊椎圧迫骨折の患者も増加傾向にあります。

 圧迫骨折の治療法としては、変形が軽微な場合はコルセットなどを用いて保存的に治療を行い、変形が高度で疼痛が残存する可能性のある場合は手術の適応となります。

 骨粗鬆症椎体骨折に対して、従来インプラントを用いて脊椎を固定する方法が主流でしたが、近年、より体への侵襲が少ない方法として、専用の医療機器と医療用のセメントを用いて圧迫骨折を治す事が可能となりました。
 この方法はBKP(Balloon Kyphoplasty:バルーンカイフォプラスティ)と呼ばれる治療法で、皮膚から針を挿入し、骨折し潰れた椎体の中で風船を膨らませ、できたスペースにセメントを重鎮し固定するという方法です(下図)。

手術の流れ


 上記の手術は、全身麻酔下で行うため手術時の痛みもなく、翌日より歩くことが可能です。また、入院期間は10日~2週間程度となります。

 平成24年度の保険診療報酬改定によりBKP手術は「経皮的椎体形成術」として保険適用が可能な手術として認められました。まだ新しい治療法で、施行可能な病院も限られていますが、当院では本手術が可能で、本格的にBKPを導入し圧迫骨折治療にあたっています。圧迫骨折による痛みに悩んでいる患者様は当院の脊椎脊髄センターにご相談ください。

ページのトップへ