home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

薬剤部

病院薬剤師に求められる業務は多岐にわたっています。しかし、私たちの求める目標は何ら変わることなく、患者さまへいかに安全で効果的な薬物療法を提供していくかということにあります。
そして、「今、薬剤師に何が求められているのか」の見極めを行うこと、「薬剤師として患者さまに何ができるのか」の視点に立つことで、その目標に少しずつ近づくことができると考えています。
さらに、薬剤師個々のスキルの向上を図ることはもちろんですが、医師、看護師など他職種との連携の強化および情報の共有化が重要であり、それは、チーム医療の質的確保にもつながります。

薬剤師ならではの薬学的ケアを実践することが、私たちの仕事です。


薬剤部の基本方針

 患者さまへ安心で安全な薬物治療を提供する
 チーム医療への参画を積極的に行う
 病院経営に貢献できる取り組みを目指す

薬剤部の業務

内外用薬調剤 注射薬調剤
無菌調剤の調製 病棟薬剤師の業務
外来業務 院内製剤業務
DI業務 医薬品管理業務
チーム医療 臨床研究・治験
病院実務実習  


認定・専門薬剤師などの資格取得を支援

薬剤部では、毎年以下のような学会等への参加を計画し、薬剤師の資格取得を支援しています。

  • 日本薬剤師研修センター研修会
  • 日本糖尿病療養指導士講習会
  • 日本緩和医療学会学術大会
  • 日本臨床腫瘍学会学術集会
  • 日本緩和医療薬学会年会
  • 日本糖尿病学会年次学術集会
  • 日本医療薬学会年会
  • 日本薬学会中国四国支部学術集会
  • 日本褥瘡学会学術集会
  • 日本静脈経腸栄養学会中国支部学術集会


当院はプレアボイド報告施設です

プレアボイドとは

日本病院薬剤師会が推進している制度であり、薬剤師が服薬指導など薬物療法の安全性向上のために積極的に関わっている中で、薬剤による有害事象を未然に防いだり、早期に発見し重篤化を防ぐことで患者さまの不利益を回避した事例を報告するというものです。

具体的には、

  1. 副作用発現の初期段階で気付き薬剤の中止によって重篤化を防いだ
  2. アレルギー情報をもとに薬剤投与の中止を提案した
  3. 薬剤の相互作用による効果の減弱や増強を防いだ
  4. 同じ効果をもった薬剤の重複投与を防いだ
  5. 薬剤が体外に排泄されにくい腎機能低下患者での薬剤の過量投与を防いだ

などの事例がそれにあたります。

すなわち、薬剤師が薬物療法におけるリスクマネージャーとしての職能を発揮した事例を報告する制度です。そして、その報告は集積・分析が行われたのち薬剤師の日常業務に役立てるために公表されます。

この施設証はプレアボイド報告が行われた施設に対し、日本病院薬剤師会より毎年度発行されます。

 プレアボイド報告施設証(最新)はこちら



薬剤部見学について

対象者 当院への就職希望者
期間 随時、電話にて受付
日時等については受付時に相談
見学部署 薬剤部(調剤室、注射調剤室、無菌製剤調製室)
薬剤部外(外来化学療法室、病棟)
持参するもの 白衣、上履き(スリッパ等は不可)、名札、学生証、筆記用具
※貴重品は持ち込まないこと
当日の集合場所 正面玄関入ってすぐのエントランスホール くすり交付窓口
問合せ 鳥取市立病院
TEL 0857‐37‐1522(代表)
閲覧にはAcrobat Readerが必要です。
左のバナーのリンク先からダウンロードして下さい。
ページのトップへ