home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

撮影部門

撮影室

 胸や骨などのエックス線撮影をおこなう部屋です。デジタル撮影装置ですので、少ないエックス線量で診断価値の高い画像が提供できます。


乳房撮影室

 乳房専用装置を設置し、専門のライセンスを取得した医師や技師による質の高い検査がおこなわれています。乳房撮影は乳癌検診に威力を発揮しています。


歯科撮影室

 パノラマ撮影装置、デンタル撮影装置が設置されています。


泌尿器婦人科撮影室

 腎臓、尿管などの泌尿器系疾患の検査および婦人科系の子宮卵管撮影をおこないます。ここでは造影剤を使用した検査がおこなわれます。


X線TV室

 エックス線を使用して、身体の透視像をテレビモニターで観察し撮影します。ここではバリウムを使用した食道・胃・十二指腸・大腸などの消化器検査と各臓器の造影検査や治療をおこなわれています。


CT室

 CT検査は身体の断像像を撮影し、普通の検査では得ることのできない詳細な情報を画像として描出します。検査は無痛であり数分で終了します。なお、CT装置は16列のMDCTを使用しています。


MRI室

 MRI装置(1.5テスラ)は磁場を使用して身体の断面を撮像するもので詳細な画像が描出されます。MRI検査による脳血管撮影(MRA検査)は造影剤を使用しないでもおこなえるため、脳ドック(くも膜下出血の原因である脳動脈瘤の発見)に有効です。


血管撮影室

 脳・腹・足・心臓などの血管の走行を詳しく調べ、病気の診断や治療をおこないます。ここでは血管内にカテーテルという長細い管を入れ、そこから造影剤を注入し撮影します。また、心筋梗塞のような狭くなった血管を広げる治療もおこなっています。


結石破砕室

 腎臓や尿管にできた結石を衝撃波によって砕き、手術しないで結石を尿とともに体外に排出させます。泌尿器科の医師による治療がおこなわれています。治療成績にも優れ痛みの少ない治療です。

ページのトップへ