頭皮冷却装置 PAXMAN

鳥取県内初
頭皮冷却装置導入

  • 当院では、抗がん剤治療を受けている方の脱毛による悩みや苦痛を少しでも軽減できるよう、令和4年3月に脱毛抑制に効果のある頭皮冷却装置「PAXMAN」を鳥取県内で初めて導入しました。

    4月より運用を開始しています。

  • 頭皮冷却装置

化学療法で脱毛するのはなぜ?

    • 化学療法は体内の急速に分裂するすべての細胞を標的にすることで効果が発揮されます。
    • 毛母細胞は体内で2番目に分裂の速い細胞です。抗がん剤は毛母細胞も標的にしてしまい、脱毛が引き起こされます。
    • 化学療法は毛包(毛の根元)を損傷し、治療の開始から約2週間後に脱毛します。
  • 抗がん剤による治療が終了すると発毛しますが、髪質の変化(白髪、縮毛)や、元の状態に戻るまで1~2年を要するため、多くの患者さんはウィッグを使用する傾向にあります。

頭皮冷却による脱毛抑制効果

    • 化学療法の前、治療中、治療後に専用の装置とキャップを使い頭皮の温度を下げます。
    • 頭皮冷却によって、毛包周囲部位への血流が減少します。
    • 毛包に届く抗がん剤の量が減ることで、脱毛の抑制が期待できます。

    ※効果は患者さんによって違いがあります。

費用について

  • 化学療法による脱毛を抑制するための頭皮冷却は、保険適用外です。

    ご利用にあたって、「頭皮冷却装置」と「頭皮冷却キャップ」それぞれに使用料が発生します。

    頭皮冷却キャップは、毎回使用料をお支払いいただくプランと、買い取りのプランがあります。

  • 装置使用料 (消費税込)

    種別料金4回利用の場合8回利用の場合
    頭皮冷却装置 1回につき 13,200円 52,800円 105,600円
    頭皮冷却キャップ 1回につき 14,300円 57,200円 114,400円
    買い取り 89,100円 89,100円 89,100円
    合 計 毎回支払い 110,000円 220,000円
    キャップ買い取り 141,900円 194,700円

関連する診療科



  • 頭皮冷却についてのお問い合わせ

    鳥取市立病院 化学療法室
    TEL. 0857-37-1522(代表)

ページのトップへ