低侵襲手術支援ロボット daVinci Xi

手術支援ロボット「da Vinci Xi」導入

  • ダビンチ
  • 2021年12月、手術支援ロボットの上位機種である「da Vinci Xi」を導入しました。

    高倍率3Dモニターの鮮明な拡大画像を見ながら、執刀医がコンソールから遠隔で手術支援ロボットのアームについている専用カメラや鉗子を操作することで、より精密に短時間で低侵襲手術を行うことが可能となり、患者様の身体負担を大きく軽減することができます。

    ※手術でお腹にメスを入れるなど体に害がある行為を医療用語で侵襲と言います。これまでお腹を大きく切り開いていた手術と比較して、手術支援ロボットや内視鏡などを用いることで、できるだけ小さな切り口ですむ手術を低侵襲手術と言います。

当院における運用

  • まずは泌尿器科領域でダビンチの運用を開始しています。

    診療は医師3人体制で、そのうち1人は日本泌尿器内視鏡学会認定ロボット支援手術プロクター(手術指導医)の資格を有しています。ロボット手術の執刀経験が豊富で、手術は熟練した技術によって行われます。

    また、後進の育成にも取り組んでいます。

  • 泌尿器科の紹介

    当院泌尿器科は、県東部の基幹病院としてすべての泌尿器科疾患を扱っています。

    なかでも、腎結石・尿管結石に対しては、ホルミウムレーザーを用いた経尿道的尿路結石破砕術と県東部では当院だけが導入している体外衝撃波結石破砕装置を用いた結石破砕術を積極的に行っており、県内随一の手術実績があります。

    今回、ダビンチが加わることで、更に充実した治療環境となりました。

ロボット手術のメリット

  • 1体への負担が少ない

    ダビンチでの手術は腹腔鏡手術と同じく身体に複数の小さな穴をあけ、そこからカメラや鉗子などを挿入して手術を行うため、開腹手術と比較すると傷口が小さくすみ、出血量を抑えられます。

    また、術後の痛みが軽減されることから早期体力回復が見込まれまれるため、入院期間を短縮することにもつながります。

  • 2鮮明な3D画像

    コンソールモニターに映し出される手術映像は立体的で高画質のため、あらゆる臓器間、脈管・神経間に存在している結合組織を膜として目視できることが多く、血管や神経の損傷を回避できます。

    そのため、元々持っていた機能(前立腺癌であれば尿禁制や性機能)を最大限に温存できることから、生活の質が低下しにくい傾向にあります。

    ※癌の状態によっては機能温存手術が不可能なことがあります。

  • 3精密な動きを再現

    医師がサージョンコンソールという操縦席からロボットアームに装着されている鉗子やメスを操作します。

    術野に入る鉗子は非常に小さく繊細な動きが可能で、どんな狭い空間でも入っていくことができます。

    アームと鉗子の多関節機能により人間の手指よりも自由度が高く、精密な手術が可能です。

費用(保険適用)について

  • ダビンチによる手術において、前立腺がん、腎がん、直腸がんをはじめ、各種手術への保険適用が拡大しています。そのため、術式によっては従来の手術と変わらない医療費で、先進的な医療を受けていただくことが可能です。

    また、保険適用となる術式は、高額療養費制度を利用することで医療費の負担を更に抑えることができます。

    ※治療方針等は、主治医とご相談ください。

関連動画

関連する診療科



  • ロボット手術のお問い合わせ

    鳥取市立病院 患者サポートセンター
    TEL. 0857-37-1522(代表)

ページのトップへ