第16回日本医療マネジメント学会 鳥取支部学術集会で発表しました

令和元年9月7日(土)、米子市文化ホールで開催された第16回日本医療マネジメント学会 鳥取支部学術集会(テーマ「入退院支援の現状と課題」)に参加しました。

今回学会で発表した看護師2名にコメントをいただきましたので、ご紹介します。

 

5階西病棟 松井ゆかり

私は、「地域包括ケア病棟看護師の訪問看護体験による退院支援の認識の変化」と題し、地域包括ケア病棟の看護師が、同行訪問体験後、患者・家族を生活者と捉え、在宅療養生活を視点とした退院支援を行う認識へ変化したことを発表しました。現在地域包括ケアシステムの構築が進む中、地域包括ケア病棟の役割として、生活と医療の両方の視点から、退院後の生活をイメージし必要なケアを提供できる看護の必要性を再認識しました。

 

2階東病棟 前嶋希美

私は、「急性期病棟看護師のリハビリスタッフとの情報共有に関する意識調査」と題し、急性期病棟看護師とリハビリスタッフにおける情報共有の重要性について意識調査を行い、それぞれいくつかの理由により意識が異なっていたことを発表しました。この発表を通して、患者が安全で適切なリハビリを行っていくためには、看護師とリハビリスタッフが直接情報共有する必要があると再認識することができました。今後はチームの看護師が協力して情報共有の時間の確保を行っていくことを課題に取り組んでいきます。