home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

看護師からのメッセージ

新人看護師が鳥取市立病院を選んだ理由

竹本 愛看護師
鳥取県立鳥取看護専門学校卒業

日々たくさんの人と接することで、自分自身が成長できると思ったのが看護師を目指した動機。そして当院を選んだのは、見学に来たときの雰囲気の良さが決め手でした。

勤務している病棟は、終末期の患者さまが多いのですが、はじめてエンゼルケアをさせていただいた時には、看護とは患者さまとそのご家族の人生に関わる仕事だと実感しました。まだまだ未熟な私ですが、技術的にも精神的にもスキルアップできるよう努力して、多くの人に必要とされる看護師になりたいと思います。

大田 真巳看護師
順正高等看護福祉専門学校卒業

看護師をしている母を見て育った私は、幼いころから看護師に憧れていました。念願の看護師の第一歩に当院を選んだのは、市民に近い関係で寄り添いながら、急性期看護も学べる病院だと思ったのが理由です。

看護師になってよかったと思ったのは、私が勤務中に祖父が心肺停止状態で運ばれてきた時のこと。これまで孫として甘えていた私が、看護師として最期を看取ることができたとき、この仕事に就いたことを誇りに感じました。今後も努力を惜しまずに、寄り添う看護ができる看護師を目指したいと思います。

黒田 麻美看護師
鳥取県立倉吉総合看護専門学校卒業

当院の看護師になりたいと思ったのは「大きな病院で働きたい」という漠然としたものでした。そして就職して感じたのは患者さまやご家族の思いを読み取る難しさであり、悩むこともありました。

そんな時に、プリセプターさんが声をかけてくれたり、病棟全体で指導してくださる姿勢が嬉しくて「この病院を選んでよかった」と思うようになりました。先輩方の支えに感謝しながら積極的に行動して学び、患者さまの小さな状態の変化にも気づくことができる看護師になれるよう頑張ります。

漆原 由香看護師
太成学院大学看護学科卒業

私は看護師である母の姿を小さい頃から見ていました。実際に高校生の時に職場体験に参加し、母の働いている姿を見て看護師になろうと思いました。そして、看護師さんが優しく患者さんに関わっている姿を見て当院に就職したいと思いました。

初めは分からない事ばかりで不安でしたが、先輩方が丁寧に指導して下さるので、当院を選んで良かったと思っています。まだまだ未熟なため日々勉強の毎日ですが、少しずつ成長していきたいです。

福田 佳南看護師
鳥取市医療看護専門学校卒業

幼少期、鳥取市立病院に入院していたことがあります。その時、看護師さんが優しく接して下さり、自分もこうなりたいと強く憧れを抱きました。鳥取市立病院は憧れを抱いたきっかけの場所です。

分からないことが多く日々勉強ですが、プリセプターさんをはじめ、先輩方が一つひとつ丁寧に指導して下さるため充実した日々を過ごしています。知識も技術も未熟ですが、向上心を持ち、笑顔で患者さまに寄り添える看護師に成長していきたいです。

加賀川 玲奈看護師
川崎医療福祉大学保健看護学科卒業

様々な年代の人と関わることができ、人の役に立つ仕事がしたいと思ったのが看護師を目指した動機です。

私は市立病院が今ある場所に移転した23年前にこの病院で生まれました。また、父が入院し、とてもお世話になったことから私にとって一番なじみがあり、自分も貢献したいと思い志望しました。念願の看護師となり分からない事ばかりですが、プリセプターさんが優しく熱心に指導して下さり、日々やりがいを感じながら働いています。

新人研修(プリセプティ研修)の様子

 

先輩ナースが答えます!

寮はありますか?

あります!

寮は病院の敷地内にあり、徒歩1分で病院につきます。部屋は6畳程度の1Kで一人暮らしには十分な広さがあります。

月額4,470円(電気・ガス・水道・下水道料金は別)で、給料から天引きされるので支払いを気にする必要はありません。

女性看護師のみの寮なので、安心して生活できます。何か困った事があれば総務課に相談対応してもらえます。

仕事以外に活動されていますか?

バレーボール部で身体を動かしています。

バレーボール部で、年2回ある大会に向けて練習しています。看護師・栄養士・リハビリなど様々な部門から集まったメンバーで、愉快に楽しく、時には真剣に取り組んでいます。

仕事の後にバレーボールをして汗を流し、大きな声を出すと気分転換になります。病院対抗の試合では他病院との交流もあり、毎年上位争いをしています。

バレーボール部以外にも、バドミントン、テニス、野球などのサークルもあります。

職場の雰囲気はどんな感じですか?

スタッフ皆が明るく、和気あいあいと楽しい職場です。

就職してから今までに3人の子どもを出産し、産休・育休を利用して現在は部分休業を使って働いていますが、スタッフのみんなが協力的で、子育てをバックアップしてくれてます。

自分に合った働き方を選択できるため、無理なく仕事ができます。仕事後に子どもと触れ合う貴重な時間も作れ、それがママさんナースの明日への原動力となっているように思います。

ページのトップへ