home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

認定看護師の紹介

認定看護師とは?

特定の看護分野において専門的な知識と熟練した技術を用いて、水準の高い看護実践を行うスペシャリストです。

また看護職員の指導・相談を行う役割を担っています。

感染管理認定看護師

顔写真

感染管理認定看護師
中谷 知子

顔写真

感染管理認定看護師
兼 特定看護師
西山 知子

感染管理認定看護師の役割は、患者・家族・職員・学生など当院を訪れる全ての人を感染から守ることです。少しのほころびによって感染が拡がらないように、全ての職員が感染防止対策を正しく理解し実践できることが大切です。そのために、正しい手洗いの推進をはじめ、感染症発生状況の調査や改善策の提案、マニュアル改訂、研修会の企画などの他に、医師・薬剤師・検査技師・看護師で構成するチームでの院内巡視などを行っています。

現在、かつて経験したことがない新型コロナウイルス感染症流行を受け、病院では患者さまをお守りすることはもちろん、職員自らの感染を防ぎ地域の医療を継続することが求められています。感染管理認定看護師として、感染防止対策の強化、院内のあらゆる部門の連携の橋渡しなど、患者・職員・病院機能を守るための仕組み作りに尽力して参ります。

西山認定看護師は、感染管理領域における特定看護師として、医療機関から在宅など様々な場において、感染症発症リスクの高い患者さまに対する感染症治療に関わっています。救急看護認定看護師とともに行う病棟ラウンド、在宅や施設へ退院される患者さまの退院前カンファレンスへの参加・訪問看護などを行っています。


緩和ケア認定看護師

顔写真

緩和ケア認定看護師
兼 特定看護師
衣笠 久美子

顔写真

緩和ケア認定看護師
山根 綾香

緩和ケア認定看護師の役割は、患者さまとそのご家族が、病気になった時点に現れた様々な痛みやつらい症状、葛藤や不安、混乱に対して、

  • つらさに耳を傾けます。
  • 必要な情報を提供し、ともに治療を考えます。
  • 体や心などの様々なつらさを和らげます。
  • 専門のスタッフと連携しながら相談させていただきます。

以上のような手当てをして、ご希望をうかがいながら、あなたとご家族を支えます。

衣笠認定看護師は、症状緩和ケア領域における特定看護師として、不安や不眠・せん妄などの相談、脱水症状の早期発見などに関わっています。院内だけにとどまらず、在宅や施設など、あらゆる場での療養生活の維持及び生活の質の向上を図りたいと考えます。


救急看護認定看護師

顔写真

救急看護認定看護師
桑村 香織

救急看護認定看護師の役割は、救急医療の現場で確実な救命処置を行うとともに、社会復帰を見据えて心身の障がいを最小限にとどめる為の的確な援助を行うことです。病気やケガは予告なく突然発症する場合もあり、その時の患者さまとそのご家族は強い苦痛を感じ、不安な状況に置かれてしまいます。患者さまへの援助はもちろん、ご家族の心のケアにも重点を置いて活動しています。


皮膚・排泄ケア認定看護師

顔写真

皮膚・排泄ケア認定看護師
漆原 聖子

皮膚・排泄ケア認定看護師の役割は、床ずれ、ストーマ(人工肛門・人工膀胱)、失禁など皮膚に関連した問題に対して、専門的な視点で皮膚の評価を行い、問題に適したスキンケアを提供実施することです。床ずれ、ストーマ、失禁管理を必要とする患者さまやご家族に対して、医師・薬剤師・管理栄養士・理学療法士などのさまざまな職種と協力しながら病状に応じた自己管理や問題解決の支援を行っています。


認知症看護認定看護師

顔写真

認知症看護認定看護師
荻原 美雪

認知症看護認定看護師の役割は、認知症になった人の意思を尊重し、その人らしい生活ができるように、お手伝いすることです。認知症初期の物忘れの時期から、最期の時まで、認知症の人と介護する人のお話を聴き、多職種と連携しながら、少しでも本人の望む生活が送れるようにしています。現在、認知症ケアチームとして活動しながら、病気の治療で入院した認知症の患者さまが、入院の環境へ馴染み、安全に療養生活が過ごせるように援助しています。


不妊症看護認定看護師

顔写真

不妊症看護認定看護師
竹本 好子

不妊症看護認定看護師の役割は、「子どもがほしい」と願うカップルに、検査や治療についてわかりやすく説明したり、つらい時も乗りきっていけるよう一緒に考えていくことです。不妊の悩みを誰にも相談できず一人で問題を抱えている方は少なくありません。どんなことでも結構です。治療に対する疑問や困ったことがあれば相談を受けさせていただきますので、産婦人科外来でおたずねください。

 
ページのトップへ