home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

プログラム

初期臨床研修医の脊椎麻酔実習の様子

鳥取市立病院 初期臨床研修の目的・特徴

目的

  1. 多様な患者に迅速且つ適切な初期診療ができ、他の医療機関とうまく連携のとれる医師を養成する。
  2. 高度化・細分化している医療の中で、ともすると専門領域にのみ偏った知識や能力を身につけるのではなく、出来るだけ長く患者さんに接して患者さんの悩み・苦しみを直接肌で感じることと患者さんの診断・治療を担当することにより病気に関する生きた知識を身につけ、知、技、心の総合的な錬磨を包含した全人的な医師教育を行う。
  3. 医師としてのより良い医療への生涯を通じた精進と、人間性尊重への意識を常に求め、このことへの誇りと社会貢献していく心構えを培う。
  4. 予防医学、プライマリーケアに対処しうる基本的臨床能力を習得する。

特徴

当院は、鳥取県東部を医療圏とする地域に密着した一次、二次及び一部三次救急医療までを担当する総合病院であり、1年次の研修は主に麻酔科から始まり、診療入門、内科、外科、救急の必修科の研修とし、2年次は当院独自に整形外科を必修科とし2ヶ月の研修、地域医療は智頭病院、岩美病院、佐治診療所を中心とした在宅医療について研修を行います。また選択必修科の研修と将来専門としたい診療科を鳥取大学、岡山大学をはじめとする協力病院、協力施設で自由に選択し研修することが可能です。

病院パンフレットもご覧ください

研修のスケジュール

 1年次2年次
  オリエンテーション
麻酔科12週
地域医療4週
  精神科4週
  産婦人科4週
  内科28週
呼吸器、血液、消化器、
腎・代謝・内分泌、
循環器 等
整形外科8週
 
  救急部門(岡山大学病院)8週
 
  必修分野の研修を終えた後、
将来専門としたい科の研修
(鳥取大学医学部附属病院での研修を含む)
24週
 
 
  外科8週
 
  小児科4週

※1年次4月最初にオリエンテーションが10日間あります。


とっとり東部4病院で連携した臨床研修

様々な特色を持つ鳥取県東部の4病院が連携することで、1500床規模の研修体制の提供が可能となり、様々な症例の体験ができる事と、将来専門としたい診療科を連携した病院から選択できることで研修医の希望に応じた研修を行うことができます。
(主に2年次の選択必修科、選択科の研修先を4病院の中で選択できます。)

初期臨床研修医のためのレクチャー

当院では、初期臨床研修医がより多くの機会を捉えて研修し、伸びて行ってもらうための取り組みとして、初期臨床研修医のための様々なレクチャーを行っています。

モーニングカンファレンス

個別の指導として、総合診療の医師を中心に週に1回朝の約45分間、“症例から学ぶ研修医レクチャー”を膝を突き合わせるような距離で行っています。

モーニングレクチャー

初期臨床研修医の基本的な臨床知識の習得を目的に、週1回(30分)、必修研修項目に沿ったモーニングレクチャーを行っています。

  • 研修テーマ:初期臨床研修で求められる“経験が必要な症例”を含めた「一次救急に多く見られる症例」を中心としたテーマ
プログラム

臨床研修教育責任者

教育研修センター長(副院長:整形外科)
森下 嗣威 もりした つぐたけ
認定資格
  • 日本整形外科学会整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄外科学会認定専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
  • 日本リウマチ財団登録医
  • 日本体育協会認定スポーツドクター

研修責任者からのメッセージ

研修医の方一人一人の夢や希望が違うのに、決まった研修プログラムで画一的に研修を行うのは指導する側も受ける側もつらいものです。規則で決められた基本的な事は行わなければいけないわけですが、自由裁量のところはそれぞれ個人の希望にそったテーラーメイドプロクラムを考えていきたいと思っています。

さらには、当院だけの研修にとどまらず、中国四国地方の岡山大学ネットワークなどを駆使して国内短期留学研修などを行い、鳥取にいながらにして全国レベルの見聞が広められるように配慮いたします。

初期研修は社会人になって最初の2年間です。楽しく、厳しく、充実し、自分が成長しているのが実感できるような研修を目指します。それが研修医の方々の幸せであり、指導医の幸せであると考えます。ぜひ、研修医の方々とすばらしい時間を共有したいものです。

ページのトップへ