視能訓練士(正職員)募集(令和2年4月1日採用)

職種名 視能訓練士
募集期間 令和元年9月13日(金)~10月11日(金) 17時まで
応募資格 昭和35年4月2日以降に生まれた方で視能訓練士免許取得者(令和2年3月末までの取得見込者含む)
提出書類
  • 履歴書(JIS規格)
  • 視能訓練士免許証の写し(取得者のみ)
※上記を鳥取市立病院総務課へ郵送または持参して下さい。
試験日 令和元年10月21日(月) 午後1時開始予定
※開始時間は、募集期間終了後に文書にて通知します。
試験会場 鳥取市立病院(鳥取市的場1丁目1番地)
試験方法

①論文試験(60分)
視能訓練士として必要な見識、思考力、文章の表現力についての筆記試験

②面接試験(15分)
個別または集団面接による人物についての口述試験

採用予定人数 1名
採用予定日 令和2年4月1日
採用方法 正職員として採用します。
ただし、視能訓練士免許取得見込みを要件とした者で、令和2年2月に実施される視能訓練士国家試験に不合格であった場合は採用しません。
勤務先 鳥取市立病院または鳥取市の関連施設
初任給(月額) 短大3年卒:175,700円
大学4年卒:186,900円
※その他、諸手当、期末・勤勉手当(年2回)が支給されます。
※職歴等のある方は、その職歴に応じて加算があります。
 例)大学4年卒・経験5年目 210,600円
※平成31年4月1日時点の制度を基にしたものです。給料表の改定等により変更となる場合があります。
休暇等 年次有給休暇、夏季休暇、病気休暇等の特別休暇、介護休暇、育児休業制度などがあります。
その他 院内託児所(休日・夜間保育有)・病後児保育施設有
受験できない者(地方公務員法第16条に該当する者) 受験資格があっても、次のいずれかに該当する者は受験できません。
  • 成年被後見人、被保佐人
  • 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又は、その執行を受けることがなくなるまでの者
  • 鳥取市職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過しない者
  • 日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者
閲覧にはAcrobat Readerが必要です。
左のバナーのリンク先からダウンロードして下さい。