第50回日本看護学会-急性期看護-学術集会に参加しました

ICU 矢部 友香

令和元年7月18日(木)~19日(金)岩手県盛岡市で開催された第50回日本看護学会-急性期看護-学術集会に参加しました。

私は「ICU入室患者の記憶のゆがみへのICUダイアリーを活用した看護支援」と題し、ICU入室中に記憶の欠落・ゆがみを引き起こした患者に対するICUダイアリーを用いた看護支援について発表しました。既にICUダイアリーを活用している病院や、今後導入したいと考えている病院のスタッフと意見交換し、共に考える機会となりました。

また、学会で発表されていた内容からは、同じような悩みを抱えながらも様々な取り組みをされていることを知り、よりよい看護が提供できるよう考え続けることの大切さを実感しました。今回の学びを活かし、日々変化する患者・家族のニーズに合わせた看護が実践できるよう取り組んでいきたいです。