home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

先輩の声

初期臨床研修医のメッセージです

宮本翔太郎

初期臨床研修医2年目
宮本 翔太郎

岡山大学を卒業して当院に就職し、初期研修も後半の2年目になりました。毎日楽しく、そして毎日反省もあり、濃い研修生活を送っています。

宿日直は4回/月と多すぎず少なすぎず、日々の研修に支障をきたすことなく救急における診察・判断のスキルを身につけることができています。

また、さまざまな診療科の先生方が「どの診療科でも使える知識」「他科紹介するときの礼儀」「医師としての学び方・スキルアップの仕方」など、専門を選ぶ前の若手にとってタメになることを教えてくださるので、自分が将来専門としない科の研修も非常に充実したものとなっています。一方で大学病院(鳥取大・岡山大)での研修期間も確保されており、専門性の高い研修を初期研修のうちから始めることも可能です。地方の総合病院の宿命として当院も例に漏れず、常勤医がいない診療科が存在します・・・が、そういった場合は市内にある他の3つの総合病院(県立中央、赤十字、生協)で研修が可能です。私も耳鼻咽喉科を鳥取赤十字病院で研修させていただく予定です。

実際の研修は、個々の力量ややりたいことに合わせて、様々な形で進めていけます。内科系であれば少数の患者さんの疾患を深く勉強するもよし、人数を持って日々の病棟業務に慣れるのもよし。外科系であればとにかく手術にたくさん入るもよし、周術期管理を指導医の先生と議論するもよしです。

さて、当院での研修が魅力的に思えてきましたか?そんなアナタは今すぐ病院見学にwelcome!待ってるよー!!



松本真実

初期臨床研修医2年目
松本 真実

私は、初期臨床研修医2年目の松本真実です。1年目当初、それまで大学で学んできた知識やと技術はあまりにも薄っぺらで、診療現場では何の役にもたたないことを実感して、愕然としたことを思い出します。そんな私を指導し、時には叱咤激励しながら傍で支えて下さった上級医や先輩研修医の背中がとても大きく頼もしく見えたものです。2年目に入って気持ち的にも落ち着いて、医師としての責任を持って発言や行動に移すことができるようになったように思います。

当院の研修医は、ここ数年1、2年併せて5名前後です。少人数であるため経験できる症例や手技は大学の同期と話していても多いと感じています。技術的なことは専門に進めば経験でき、問題ではないという考えもありますが、研修医時代に多くの経験を重ねることはその後の科を選択する上では重要なことだと思います。院内で全ての科を研修することはできませんが、鳥取大学や岡山大学、また県東部の研修病院において研修可能となっています。

何よりも、医局内で全ての科の上級医と顔を合わせる機会が多いので診療に関する事や、進路の相談など気軽にできることが大きなメリットだと思います。これから院内外でのカンファレンスや症例報告さらに学会発表などの機会が頻繁になってきますが、上級医からしっかりとした指導が受けられるのは本当にありがたいことです。

研修病院として興味を持たれたら、是非一度見学においでください。私たちの研修状況を実際に見ていただき参考にしていただければ幸いです。お待ちしております。



中村悠大

初期臨床研修医2年目
中村 悠大

鳥取市立病院初期研修医2年目の中村悠大です。当院での研修も2年目を迎えました。1年目の間に総合診療科や内科、麻酔科、外科で研修を行い、それぞれの下で身体観察や臨床推論、気管挿管やマスク換気、縫合や結紮など、研修医が身につけなければならない重要な基本事項についてしっかり学ぶことができたように思います。もちろん日々充実した研修を送っていますが、自分の時間も十分に確保できるため、全国のセミナーやICLS、ACLSコースなどにも積極的に参加し、様々な経験ができています。

当院は、大学病院クラスの研修病院と比較すると小さい病院ではありますが、その分先生方の垣根が非常に低く、いつでも気軽に相談や質問できる環境が特徴だと思います。そして我々研修医の姿勢次第でいつでも全力で指導して下さる先生方ばかりです。

また、昨年度より救急科が設立され、昨年度は鳥取県東部医療圏の中でもトップクラスの救急車受け入れ件数でした。その大部分が2次救急であるため、最初の受け入れから、病状の把握、検査計画の立案、必要な処置や専門家へのコンサルタントまで一連の流れを研修医が行います。ただ見るだけ、言われたことをするだけの救急研修ではないため、考える力、動く力を身に付けることができると感じています。

2年目は地域研修や鳥取大学・岡山大学での研修など当院以外での研修もあり、より一層充実した日々を送っていきたいと思います。



河原史歩

初期臨床研修医2年目
河原 史歩

はじめまして、鳥取市立病院研修医2年目の河原史歩です。

この文章をご覧になっている方の多くは、研修先をどこにするか頭を悩ませている学生さんかと思います。自分に合った研修先を探す一助になれば幸いです。

鳥取市立病院は研修病院としてはそれほど大きな病院ではなく、研修医も大勢いるわけではありません。しかし、その分一人一人を気にかけてくださり、研修医が多い病院では埋もれてしまいそうな性格の自分であってものびのび研修を送ることができています。また、当院は各診療科の垣根が低いため各科の先生方への相談がしやすく、困った時にはすぐに助けてもらえる環境です。

皆さんはどんな研修を考えていますか?自分の場合、日中は診療・救急・勉強などバリバリ研修をしつつ、夜間や休日といった休むべき時はしっかり英気を養い、健康的に充実した日々を送っています。研修医となって1年以上が経ちましたが、当院を選んだのを後悔したことはありません。ほんの少しでも当院に興味を持ってくださったのであれば、ぜひ一度見学に来てみてください。



ページのトップへ