先輩の声

半年を振り返って ~初期臨床研修医1年目(R3年度現在)~

市場嶺二郎

初期臨床研修1年目
市場 嶺二郎

市立病院で働き始めて半年たちましたが、毎日の生活がとても充実しています。様々な診療科で研修をさせていただき、多くのことを教えてくださったり質問をさせていただいたりと勉強したいことがすぐに学べる環境を作ってくださっているなと感じています。

また、様々な場面でいろんなスタッフの方に声をかけていただき、アドバイスをいただいたり質問させていただいたりする機会も少しずつできていてありがたいといつも思います。

最近は、「2年間しかない初期研修のうちもう半年が過ぎてしまった」と少し焦っています。ここまで幅広く勉強ができるのも初期研修の2年間だけですので、それぞれの科での研修で少しでも多くのことを身につけたいと思っています。手技や検査、診療において必要な知識など、まだ習得できていないこともありますが、少しでも早く一人前の医師になれるように毎日勉強を頑張っていこうと思います。



木村英生

初期臨床研修1年目
木村 英生

研修医となってから半年が経ち、ようやく研修にも慣れてきました。とはいえ、まだまだ知識不足で先生方にご指導いただいたり、外来や病棟のスタッフの方々に助けていただきながら日々いろいろなことを学ばさせていただいています。

学生の時は疾患ごとに理解していれば十分でしたが、実際の臨床の現場では患者さんの症状や所見から可能性のある疾患をあげ、行うべき検査や治療を考えなければならず、学生の時の勉強と現場の違いを実感しています。

また、学生で実習していた時とは違い実際に働き始めてからは様々なスタッフの支えがあって医療を行えているということを強く感じ、患者さんとだけではなくスタッフの方々とのコミュニケーションの大切さも感じております。

研修が始まってから気づけば半年が終わり、2年という研修期間の間で一人前の医師になれるか不安もありますが、医師としても人としても成長できるように残りの研修期間を大切に過ごしていきたいと思います。



初期臨床研修医2年目(R3年度現在)のメッセージ

上平遼

初期臨床研修2年目
上平 遼

当院での研修は毎週テーマを決めて行われる講義形式のモーニングレクチャー、研修医同士でのPBL型の勉強会といった形で各科を回っている期間にも、継続した学習をする場があります。

まずは大学で学んできた知識を臨床に適応させようとしたときに生じる齟齬、何がうまく行かないかを知ることが研修のはじまりです。研修医としての先輩や指導医に限らず、院内の様々な場面で疑問をぶつけることで時にはその場で小さなレクチャーが始まり、さっと資料を与えてもらえることもあります。

学生の間は自分が医師として在るために何が必要なのか分からない、漠然とした不安を持っている方は多いと思います。ここでは自分の不明を明らかにして、それを同期の研修医と共有し、またどのように学んでいくか、様々なtipsを得る形があります。



濵﨑彩

初期臨床研修医2年目
濵﨑 彩

皆さんの中には医師という仕事への期待とともに、将来自分が医師として働くために何が必要であるか分からないと不安な方も多いのではないでしょうか。臨床でうまくいかなかったことを知り、次に生かすことは研修においてとても重要なことです。

当院の研修では疑問や困っていることを指導医だけでなく、他のスタッフに相談することで必要な知識やアドバイスをいただけることから、日々多くの学びを得ることができます。その要因として医師同士が診療科・立場の垣根を超えて相談し合える雰囲気であること、研修医の数が多くない分、医局の先生方をはじめとした職員の皆さんが全研修医のことを把握してくださり、研修中の診療科以外でも気にかけてもらえる環境にあることが挙げられます。また臨床での経験だけでなく、研修医同士でのPBL型の勉強会や講義など継続的に学習する機会があることも特徴です。

ぜひ一度見学に来て当院の雰囲気を体験してみてください。



ページのトップへ