home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

中央検査部

一般検査部門

一般部門では尿や便の検査をしています。

尿定性

尿中に含まれる糖やタンパク質、ケトン体、潜血、白血球を検査することにより腎・泌尿器系の状態や糖尿病などを調べることが出来ます。

尿沈渣

尿を遠心して得られる沈渣物を顕微鏡で検査することにより、尿中に赤血球や白血球、悪性細胞などが出ていないかを調べます。これにより腎・尿路系の状態を知ることが出来ます。

その他尿検査

妊娠反応や薬物反応、尿中肺炎球菌抗原なども検査しています。

便潜血

便潜血検査は、大腸がんなどによる消化管からの出血の検出に有用です。食事などの影響がない免疫学的方法を用いています。

虫卵検査

様々な臓器に寄生した寄生虫の虫卵は便とともに排出されます。この便に排出された虫卵を顕微鏡で見つけるために虫卵検査が行われます。

迅速検査

ノロウイルスやロタウイルスは簡易キットを用いて迅速に検査を行っており、早期診断において重要です。


血液検査部門

血液検査では、白血球、赤血球、血小板の数を調べる血球数算定検査や、血球の形態などを分類する末梢血液像検査、骨髄像検査、出血に関わる凝固因子の量や活性を調べる凝固線溶検査を行っています。

血球数算定検査<赤血球数、ヘモグロビン、白血球数、血小板数など>

血液細胞の数を数えることを血球数算定検査といいます。血液細胞は、主に赤血球系、白血球系、血小板系の3系統に分けられます。それぞれの細胞は次のような働きがあります。

赤血球
肺から酸素を受け取り、全身の組織へ供給し、組織が排出した二酸化炭素を肺へ運搬します。 減ると貧血の状態となります。
白血球
風邪をひいたり細菌に感染すると白血球は数を増やし、体をウイルスや細菌から守ります。
血小板
止血作用があります。減りすぎると出血が止まりにくくなります。

末梢血液像検査

血液をスライドガラスに塗抹して染色し、顕微鏡で異常細胞の有無を観察します。

凝固線溶検査

何らかの原因で出血が起こった場合、私たちの体は血を止めようという働きをします。そのとき肝臓から作られる凝固因子(血液を固める作用のある物質)の働きにより止血されるのですが、この働きを見るのが凝固系検査といいます。

血が固まり止血されると、今度はその塊(血栓)が不要となってきます。この血栓を溶かす働きを見る検査が線溶系検査になります。

  • 凝固系検査
    <プロトロンビン時間(PT)、活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)、フィブリノゲン、AT3>
  • 線溶系
    <FDP、D-ダイマー>

生化学検査部門

生化学検査

生化学検査部門では患者様から採血された血液を遠心分離し、その上清である血清を用いて多くの項目の測定を行っています。一部の項目についてご紹介したいと思います。

※血清とは・・・
抗凝固剤を含まない容器に採血し、血液を凝固させたのち、遠心分離を行うと、固形物(血球成分と凝固成分)が沈降し、液性成分が上層に残ります。この上澄みを血清といい、生化学検査で最も多く用いられます。

  • ナトリウム、カリウム、クロールといった電解質は体の水分バランスを見るのに必要な検査です。嘔吐、下痢などによる脱水状態でないかといった確認もできます。
  • ASTやALTなどの酵素成分は肝機能をみるのに必要な検査です。肝炎や肝硬変の状態かどうかの判別に役立ちます。
  • 尿素窒素やクレアチニンなどの含窒素成分は腎機能をみる検査です。腎障害が起こっていないか確認することができます。
  • コレステロールや中性脂肪などの脂肪成分は高値になると動脈硬化の危険性があるため注意が必要です。ただし中性脂肪は食事の影響を受けやすいですので絶飲食での早朝採血が望ましいです。
  • 血中薬物濃度はバンコマイシンとジゴキシンの測定を行っています。薬剤部による薬の効果判定や、副作用を起こさないための薬の量の調節において重要な検査となります。

このように生化学検査には体の様々な臓器の状態を見るのに有用な検査項目が多数あります。緊急検査項目の多くが生化学検査になりますので、迅速に結果報告を行い、患者様の治療が早く行えるように努めています。

血糖、HbA1c

血糖やHbA1cは糖尿病の診断や治療のために必要な検査です。特にHbA1cは過去1~2ヶ月の平均血糖値を反映するため糖尿病の血糖コントロールの指標として利用されています。当院ではそれぞれの専用装置を用いて測定しておりますので、迅速な結果報告が可能となっています。

細菌検査部門

細菌検査では、患者さんから採取される様々な材料(血液・尿・便・痰・膿・髄液など)から、感染症の原因となる病原微生物を検出し、その微生物に対して有効な抗菌薬を調べ、感染症の診断・治療に役立つ情報を提供しています。

また、感染防止対策チーム(ICT)の一員として、薬剤耐性菌の検出状況や薬剤感受性率などのさまざまなデータを提供し、院内でアウトブレイクが発生しないように監視しています。

抗菌薬適正使用支援チーム(AST)にも参加し、医師、薬剤師、看護師など他職種とともに活動しています。

塗抹検査
検査材料をスライドグラスに塗り、グラム染色をして顕微鏡で観察をします。染色性や形態から、病原菌の推定を行います。重要な所見は、随時報告しています。
培養・同定検査
検査材料を寒天培地に塗って培養し、細菌をコロニー(菌の塊)と呼ばれる目に見える大きさまで発育させます。 コロニーの性状を調べ、細菌の種類を同定します。
薬剤感受性検査
培養で感染症の原因菌が認められた場合、治療のためにどの薬剤が有効か、自動測定機器を用いて調べます。

病理・細胞診部門

 病理部門では、生検針などの器具により採取された微小な組織の一部や手術により摘出された臓器を薄く切り、スライドグラスに貼り付け染色したものを顕微鏡で観察して結果報告します。細胞診部門では、注射針など細い針を使い吸引して採取された細胞・喀痰・尿などから癌細胞を見つけます。
 また手術中には迅速病理診断・迅速細胞診があり、病気の進行度など的確な手術が行われるよう即時に検査し伝えています。厚生労働省より病理部門・細胞診部門とも施設認定を受けており、病理専門医・細胞検査士・技術を習得したスタッフで迅速かつ正確な検査を心がけています。

  


生理検査部門

 生理検査は患者様と直接接して検査する部門です。心臓を調べる検査では、心電図検査・不可心電図(運動前後に心電図を記録)・ホルター心電図(心電図を24時間記録)・心臓超音波検査(心臓の壁や弁の動きを観察)など。超音波検査は、心臓以外に肝臓や胆嚢など腹部臓器を調べる腹部領域、乳腺や甲状腺を調べる表在領域、血栓や動脈硬化を調べる血管領域などがあります。他にも、血管年齢や硬さを調べる血圧脈波検査、肺活量を調べる呼吸機能検査、骨粗しょう症を調べる骨密度検査、脳や神経の電気的活動を見る脳波検査・誘発筋電図検査、脊椎脊髄センターの手術では術中に神経機能の異常がないかどうかをモニタリングしています。

  


外部委託検査部門

 緊急検査項目は、採血検体が検査室に届いてから40分以内に報告しています。パニック検査値の報告は少しでも早く処置が行えるように、直接担当医に電話連絡をしています。多くの院内検査項目は検査依頼日に報告され、電子カルテによりこの結果も参照し確認することができるようになっています。

  


臨床化学検査部門

 血液中の成分・酵素活性などを調べます。最近は機械の性能も向上し、少しの検体量で多くの成分を調べることができます。主な検査項目にはAST・ALT・血糖・ナトリウム・カリウムなどがあります。


免疫・血清検査部門

 血液中のホルモンや成分を調べます。甲状腺ホルモン・CEAなどの腫瘍に関係する成分、HBs抗原やHCV抗体などの肝炎ウイルスの検査を行っています。


輸血部門

 ABO式の血液型・Rh式の血液型の検査・輸血に際しての交差適合試験・抗体スクリーニングなどの検査を行い、患者さまに輸血しても安全な血液かどうかを調べます。


血液検査部門

 血液中の赤血球数・白血球数・血小板数を測定し、ヘモグロビン量を測定して貧血の有無や全身状態のチェックをします。また血液を染色して好中球やリンパ球の割合を測定する検査やプロトロンビン・フィブリノーゲンなど、けがをしたとき血液が固まるのに必要な成分も調べます。


一般検査部門

 尿・便・脊髄液・関節液などの検査をします。尿の中にタンパクや糖がでていないか、便の中に血液が混じっていないかなどを調べます。尿中に白血球や細菌が増えていないか顕微鏡で調べます。また便中に血液が混じっていれば大腸癌の疑いもあります。


外注検査部門

 院内で検査の困難な特殊検査項目・依頼件数の少ない項目は外部に提出して検査を行っていす。その際、分注機と呼ばれる機械を使用して必要最小限の量を小分けしています。通常の検査項目は採血後2~3日で報告され、特に急ぐ場合はファックスで迅速に報告されます。検査結果は電子カルテ上に時系列で表示されます。

ページのトップへ