home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

病院の概要

所在地・代表者等

所在地
鳥取市的場1丁目1番地
名称
鳥取市立病院
開設者
鳥取市長  深澤義彦
事業管理者
平野文弘
病院長
早田俊司
病床数
一般病棟 340床

施設の概要

敷地面積
51,600m2
建物延床面積
24,578m2
構造
鉄筋鉄骨コンクリート造
規模
地下1階、地上7階建、コンピュータ棟
附帯施設
健診センター、エネルギー棟
車庫棟(カルテ庫)
医師公舎35戸、看護師宿舎10戸
院内託児所、病後児保育施設
看護学生実習棟
駐車場1000台
併設施設
鳥取市介護老人保健施設「やすらぎ」100床

診療科目(標榜科23科)

  • 内科
  • 精神科
  • 消化器内科
  • 神経内科
  • 循環器内科
  • 血液内科
  • 外科
  • 消化器外科
  • 脳神経外科
  • 整形外科
  • 産婦人科
  • 小児科
  • 眼科
  • 皮膚科
  • 沁尿器科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 病理診断科
  • 臨床検査科
  • 救急科
  • 歯科

施設基準

基本診療料の施設基準等に係る届出

  • 一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1)
  • 総合入院体制加算3
  • 超急性期脳卒中加算
  • 診療録管理体制加算1
  • 医師事務作業補助体制加算1(20対1)
  • 急性期看護補助体制加算(25対1・看護補助者5割以上)
  • 重症者等療養環境特別加算
  • 栄養サポートチーム加算
  • 医療安全対策加算1(医療安全対策地域連携加算1)
  • 感染防止対策加算1(感染防止対策地域連携加算、抗菌薬適正使用支援加算)
  • 患者サポート体制充実加算
  • 褥瘡ハイリスク患者ケア加算
  • ハイリスク妊娠管理加算
  • 総合評価加算
  • 呼吸ケアチーム加算
  • 後発医薬品使用体制加算2
  • データ提出加算2 イ
  • 入退院支援加算1(地域連携診療計画加算、入院時支援加算)
  • 認知症ケア加算1
  • ハイケアユニット入院医療管理料1
  • 小児入院医療管理料4
  • 地域包括ケア病棟入院料2
  • 歯科外来診療環境体制加算1

特掲診療料の施設基準等に係る届出

  • 糖尿病合併症管理料
  • がん性疼痛緩和指導管理料
  • がん患者指導管理料イ,ロ,ハ
  • 外来緩和ケア管理料
  • 糖尿病透析予防指導管理料
  • 乳腺炎重症化予防ケア・指導料
  • 院内トリアージ実施料
  • 救急搬送看護体制加算
  • ニコチン依存症管理料
  • 相談体制充実加算
  • 開放型病院共同指導料(I)
  • がん治療連携計画策定料
  • 肝炎インターフェロン治療計画料
  • ハイリスク妊産婦連携指導料(I),(II)
  • 薬剤管理指導料
  • 医療機器安全管理料1,2
  • 在宅患者訪問看護・指導料(緩和ケア・褥瘡ケア)
  • 同一建物居住者訪問看護・指導料(緩和ケア・褥瘡ケア)
  • 在宅患者共同診療料(在宅療養後方支援病院)
  • HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
  • 検体検査管理加算(II)
  • 時間内歩行試験
  • シャトルウォーキングテスト
  • ヘッドアップティルト試験
  • 長期継続頭蓋内脳波検査
  • 神経学的検査
  • 小児食物アレルギー負荷検査
  • 内服・点滴誘発試験
  • 画像診断管理加算1,2
  • ポジトロン断層撮影
  • ポジトロン断層・コンピューター断層複合撮影
  • CT撮影及びMRI撮影
  • 冠動脈CT撮影加算
  • 心臓MRI撮影加算
  • 乳房MRI撮影加算
  • 抗悪性腫瘍剤処方管理加算
  • 外来化学療法加算1
  • 無菌製剤処理料
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(I)(初期加算)
  • 運動器リハビリテーション料(I)(初期加算)
  • 呼吸器リハビリテーション料(I)(初期加算)
  • がん患者リハビリテーション料
  • エタノールの局所注入(甲状腺,副甲状腺)
  • 人工腎臓(慢性維持透析を行った場合1)(導入期加算1)
  • 磁気による膀胱等刺激法
  • 後縦靱帯骨化症手術(前方進入によるもの)
  • 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む)
  • 脳刺激装置交換術
  • 脊髄刺激装置植込術
  • 脊髄刺激装置交換術
  • 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術(プレートのあるもの))
  • 網膜付着組織を含む硝子体切除術(眼内内視鏡を用いるもの)
  • 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(一連につき)(MRIによるもの)
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算1及びセンチネルリンパ節生検(併用)
  • 乳がんセンチネルリンパ節加算2及びセンチネルリンパ節生検(単独)
  • 食道縫合術(穿孔,損傷)(内視鏡によるもの)
  • ペースメーカー移植術
  • ペースメーカー交換術
  • 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
  • 内視鏡下胃,十二指腸穿孔瘻孔閉鎖術
  • 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術,腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
  • 胃瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
  • 体外衝撃波胆石破砕術
  • 腹腔鏡下肝切除術
  • 体外衝撃波膵石破砕術
  • 腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
  • 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
  • 小腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
  • 結腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
  • 腹腔鏡下小切開副腎摘出術
  • 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
  • 腹腔鏡下小切開腎部分切除術
  • 腹腔鏡下小切開腎摘出術
  • 腹腔鏡下小切開腎(尿管)悪性腫瘍手術
  • 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの)
  • 腎(腎盂)腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
  • 尿管腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
  • 腹腔鏡下膀胱悪性腫瘍手術
  • 腹腔鏡下小切開膀胱悪性腫瘍手術
  • 膀胱腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
  • 人工尿道括約筋植込・置換術
  • 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術
  • 腟腸瘻閉鎖術(内視鏡によるもの)
  • 医科点数表第2表第10部「手術」の通則5及び6に掲げる手術
  • 輸血管理料II(輸血適正使用加算)
  • 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
  • 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
  • 麻酔管理料(I)
  • 放射線治療専任加算
  • 外来放射線治療加算
  • 高エネルギー放射線治療
  • 1回線量増加加算
  • 画像誘導放射線治療加算
  • 直線加速器による放射線治療
  • 病理診断管理加算1
  • 悪性腫瘍病理組織標本加算
  • 歯科疾患管理料(総合医療管理加算)
  • 歯科治療時医療管理料
  • 歯科疾患在宅療養管理料(在宅総合医療管理加算)
  • 在宅患者歯科治療時医療管理料
  • 歯周組織再生誘導手術
  • クラウン・ブリッジ維持管理料

先進医療

  • パクリタキセル静脈内投与(一週間に一回投与するものに限る。)及びカルボプラチン腹腔内投与(三週間に一回投与するものに限る。)の併用療法 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん
先進医療とは
新しい医療技術の出現・患者ニーズの多様化等に対応するために、一定の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の医療技術として厚生労働大臣から承認された医療行為のことを言います。 有効性及び安全性を確保する観点から、医療技術ごとに一定の基準が設定されており、基準に該当する保険医療機関は届出により保険診療との併用ができます。

保険外併用療養費

特別の療養環境の提供

当院では、有料の個室があります。

区分1日の料金
(税込み)
病床数設備等
特別室A 10,800円 1床 電話、テレビ、冷蔵庫、キッチン、洗面台、バス・トイレ、キャビネット、ソファー、クローゼット
特別室B 9,180円 4床 電話、テレビ、冷蔵庫、キッチン、洗面台、バス・トイレ、キャビネット 、ソファー、クローゼット
特別室C 8,100円 4床 テレビ、キャビネット、冷蔵庫、洗面台、トイレ、ソファー、収納タンス
A個室 5,400円 48床 テレビ、キャビネット、冷蔵庫、洗面台、トイレ、収納タンス
B個室 3,240円 22床 テレビ、キャビネット、冷蔵庫、洗面台、収納タンス

個室への入室を希望される方は事前にお申し出ください。ただし、部屋数に限りがありますので、希望されても入室できないことがあります。

病院の初診に関する事項

当院では、初診時にかかりつけ医からの紹介状をお持ちでない患者様については、通常の医療費のほかに初診時選定療養費として1,620円(税込)をご負担いただきます。

詳細はこちらをご覧ください。

入院期間が180日を超える入院に関する事項

当院では、患者様の都合により入院期間が180日を超える場合(他の医療機関からの転院の場合はその期間を通算して)には、1日につき2,581円(税込)を頂きます。


DPC対象病院について

当院は入院医療費の計算にあたり『診断群分類別包括評価支払制度』(DPC)対象病院となっています。

医療機関別係数
1.4007(平成30年6月1日現在)
内訳
基礎係数
機能評価係数Ⅰ 
機能評価係数Ⅱ 
 1.0314
 0.2776
 0.0917

事業参加について


職員数

472名(平成30年4月1日現在)
  医師 62名、看護師 287名、医療技術 91名
  その他 32名
ページのトップへ