home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

第12回市民医療講演会を開催しました

平成26年7月26日(土) 10:00~11:30 さざんか会館5階会議室

第12回目は、木下医師(小児科医)による「予防接種について」、早田医師(産婦人科医)による「性感染症について」の2題で講演を行い、約40名の方に参加いただきました。

第12回市民医療講演会を開催しました

木下医師からは、小児の予防接種を中心に説明されました。接種の目的は、感染症から身を守るための抵抗力(免疫)をつくるためと言われ、予防接種法に定められた定期接種と希望による任意接種の2種類があること、予防接種ごとに接種時期や間隔に違いがあることなど説明されました。また、それぞれの疾患毎に、症状や合併症について細かく丁寧に説明され、予防接種の必要を訴えられました。

第12回市民医療講演会を開催しました
第12回市民医療講演会を開催しました

早田医師からは、性感染症の代表的な6疾患の症状や感染経路,最近の状況などを交えながら説明されました。STDの動向としては、2002年をピークに減少して2009年から横ばいだが、HIV感染症・AIDSの患者は、男性を中心に増加傾向と報告されています。感染した場合自覚症状が少なく、知らない間にうつしていることや複数の相手との性交渉などが原因となり、感染者は年間5万人程度と言われました。また、不妊、異所性妊娠、母子感染などの危険性についても分かり易く説明されました。

第12回市民医療講演会を開催しました
ページのトップへ