home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

熱中症にご注意ください!

熱中症とは

熱中症にご注意ください!

 暑熱環境下にさらされる、あるいは運動などによって体の中でたくさんの熱を作るような条件下にあった者が発症しやすく、体温を維持するための生理的な反応より生じた失調状態から、全身の臓器の機能不全に至るまでの、連続的な病態とされています。
 初期症状としては、頭痛、嘔気、倦怠感、気分不良などの非特異的症状であり、適切な手当で改善すればあとになって熱中症だったということがわかります。

熱中症が起きやすい条件

 屋外、屋内を問わず、高温多湿で風がない状態の時に起きやすく、身体が熱さに慣れていない時期も要注意です。

熱中症になりやすい人

 熱暑環境に慣れてない人や汗が出にくい状態の人がなりやすいと言われています。まずは自分が熱中症になりやすいどうかを知ることがとても重要です。

【熱中症になりやすい人の例】

  • 体力がない者、体調不良者
  • 肥満
  • 暑熱環境に慣れていない者
  • 高齢者
  • 高血圧、糖尿病、アルコール依存
  • 発汗機能の低下した者
  • 発汗機能を低下させる薬物(抗パーキンソン病薬、抗コリン薬、抗ヒスタミン薬)服用

熱中症の予防

 熱中症が起きやすい条件があり、自分が熱中症になりやすい条件があるなら、あらかじめ、きめ細やかな対策をとる必要があります。体調管理をしっかり行って、節電対策もほどほどにしておきましょう。

熱中症にご注意ください!

【予防のポイント】

  • 二日酔いや寝不足は誘因となるため、日頃から体調管理を心掛ける
  • 適宜休憩を入れる
  • 節電対策もほどほどに
  • こまめな水分補給
  • ミネラル分不足に注意!

熱中症を疑ったら

 安静を保てる涼しい場所に移し、氷枕などで冷やします。意識がしっかりしていれば水分補給、できれば塩分入りのものを飲ませます。そのうえで注意深く経過を見ていきます。
 意識がない、あるいは反応が鈍い、おかしなことを言う場合や、吐き気や嘔吐があって水分補給が困難な時、手当しても改善しない場合は早めに医療機関を受診しましょう。


【熱中症の症状と対処】

  Ⅰ度(軽症) Ⅱ度(中等症) Ⅲ度(重症)
症状
  • めまい
  • 大量の発汗
  • 立ちくらみ(熱失神)
  • 筋肉痛
  • こむら返り
  • めまい
  • 頭痛
  • 嘔吐
  • 倦怠感
  • 虚脱感
  • 集中力や判断力の低下
  • 意識障害
  • 痙攣発作
  • 過呼吸
  • ショック状態
  • 脳・肺・肝臓・腎臓に障害
対処
  • 涼しい場所で安静にする
  • 身体を冷やす
  • 水分を補給す(0.3%くらいの塩分かスポーツドリンク)
  • 入院が必要
  • 救急車を呼ぶ
  • 入院のうえ、厳重管理(集中治療)が必要

※Ⅱ度で、自分で水分・塩分を摂取できない時や、Ⅲ度の状態であれば救急車を呼ぶ等して、すぐに病院へ搬送する必要があります。

平成25年度
熱中症にご注意ください!
外来診療
休診・代診のご案内
[平日]17:00~翌日8:30

[休日] 8:30~翌日8:30

MENU
研修会・講演会のご案内
病院広報誌
看護部のご案内
臨床研修医募集
検診・人間ドック
病後児保育施設「にじっこルーム」
DPCデータによる病院指標
リンク集
ページのトップへ