home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

ノロウイルス胃腸炎にご注意を!

    ~ご家庭、地域で感染を広げないために~
ノロウイルス胃腸炎にご注意を!

ノロウイルス胃腸炎とは?

 手指や食品などを介して、口から体内にウイルスが入り、ヒトの腸管で増殖し、嘔吐、下痢、腹痛などをおこします。ノロウイルスによる感染性胃腸炎や食中毒は、一年を通して発生していますが、特に冬季であるこの時期に流行します。また、健康な方は軽症で回復しますが、子供やお年寄りなどでは重症化する危険性があるますので、注意が必要です。

ノロウイルス胃腸炎を防ぐには?

トイレの後、食事の前などには、必ず手を洗いましょう

ノロウイルス胃腸炎にご注意を!

 トイレの便座やドアノブ、その他不特定多数の方々が触る環境表面には、目に見えなくてもノロウイルスが付着しているかもしれません。
 トイレの後、食事前の手洗いはとても重要です。

ノロウイルス胃腸炎にご注意を!

下痢や嘔吐がある方は、食品を直接取り扱う作業はしないようにしましょう

 汚染した手で食品を取り扱った場合、その食品を食べた多くの方が胃腸炎になる危険性があります。

胃腸炎患者に接する方は、下痢便・嘔吐物を適切に処理しましょう

床などに飛び散った下痢便や嘔吐物を処理するポイント

ノロウイルス胃腸炎にご注意を!
  1. 出来れば、使い捨てのガウンやエプロン、手袋、マスクを着用して処理を開始してください。(処理を行う人の服や手に付着した少量のウイルスが、後で口の中に入って感染する危険性があります。また、衣服が汚染した場合はこちら (※鳥取県ホームページのノロウイルスの消毒のポイント)を参照してください。
  2. 下痢便や嘔吐物を、使い捨てのペーパータオルなどで拭き取り、ナイロン袋に入れて密閉します。
  3. 下痢便や嘔吐物を除去した部分を、次亜塩素酸ナトリウムで拭いて消毒します。
    ※次亜塩素酸ナトリウム消毒薬の作成方法は、こちら(※鳥取県ホームページのノロウイルスの消毒のポイント)を参照してください。
  4. 次亜塩素酸ナトリウムによって金属部分は錆びますので、消毒後10分ほど放置した後に水拭きを行います。
  5. 使用したガウンや手袋、マスク等は、汚れた部分に触れないよう脱いで捨てます。
  6. 処理を行った後は、必ず流水と石鹸で手を洗ってください。

参照ホームページ

平成25年度
ノロウイルス胃腸炎にご注意を!
外来診療
休診・代診のご案内
[平日]17:00~翌日8:30

[休日] 8:30~翌日8:30

MENU
研修会・講演会のご案内
病院広報誌
看護部のご案内
臨床研修医募集
検診・人間ドック
病後児保育施設「にじっこルーム」
DPCデータによる病院指標
リンク集
ページのトップへ