home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

神経内科


神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の病気を対象とした診療科です。

<よくある症状>としては

意識がおかしい、物忘れが目立ってきた、会話がうまくできない。
話し方がかわった、飲み込みが悪くなった。
手足がふるえる、歩き方が変わってきた、バランスがとれない。
手足がしびれる、手足が動きにくい。
筋肉が痩せてきた。
物が二重に見える、一部分が見えにくくなった。
けいれん、頭が痛い。

などがあります。

この症状が出れば疾患(病気)というわけではありません。
そのために、上記の症状について、詳しくお話をうかがい<問診>、神経学的な特殊な
<診察>を行います。
必要に応じて以下のような<検査>を行います。
頭部CT・頭部MRI・頭頚部MRA・筋肉MRI
RI(脳血流シンチグラフィ・MIBG心筋シンチグラフィ)
遺伝子検査
脳波・末梢神経伝導速度検査・針筋電図
髄液検査

時には、お薬の反応を確認したり、一定の期間、症状の変化を見たりする事もあります。
これらの情報を総合して、何の疾患をお持ちなのか診断します。
診断が間違うと、治療、及び今後の生き方に影響が出ることもあります。

<主な疾患>

認知症
  アルツハイマー病、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症など

神経変性疾患
  パーキンソン病
  パーキンソン類縁疾患(進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症)
  脊髄小脳変性症
  多系統萎縮症など

不随意運動
  本能性振戦、舞踏病、眼瞼攣縮、顔面けいれん

脱髄疾患
  多発性硬化症、視神経脊髄炎など

末梢神経障害
  ギラン・バレー症候群、慢性炎症性脱髄性多発神経炎など
  内科疾患、代謝疾患に伴うニューロパチー

運動ニューロン疾患
  筋萎縮性側索硬化症

筋肉疾患
  筋強直性ジストロフィーなどの筋ジストロフィー、皮膚筋炎
  重症筋無力症

てんかん
頭痛(片頭痛、群発頭痛、緊張型頭痛など)
感染症(髄膜炎・脳炎など)
脳血管障害(膠原病に伴う血管炎など)


なお、精神的な疾患(うつ・神経症・不眠症)は、メンタルクリニック・精神科の対象疾患となります。
ページのトップへ