home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

勤務する薬剤師より一言

採用2年目の薬剤師から一言

薬剤師A

鳥取市立病院で働かせていただいてから1年になりました。

以前は薬局で働いており、その違いに戸惑うことも多くありましたが経験豊富な先輩方のありがたいご指導もあり、日々スキルアップしながら努力しております。病院で働き始めてからは薬剤の知識だけではなく、病態に関連した知識など学ぶべきことがたくさんあり勉強になります。病棟での業務では、患者様の入院から退院までの治療の過程に携わることができ、また他の職種の方々と連携して仕事をしています。まだ学ぶべきことがたくさんありますので日々の努力を忘れずにしていきたいと思っております。

薬剤師B

入職して最初の半年は、調剤室の業務が中心でした。内服・注射・外用の調剤に際し、基本的なカルテの見方、処方箋監査のポイントを、先輩の薬剤師の先生からご指導いただきました。

半年を過ぎたあたりより、病棟業務にも携わっています。医師・看護師や他のスタッフと連携し、患者さんに向き合いながら臨床医療に携われることがやりがいを感じます。患者さんと直接対面しながら踏み込んだ服薬指導を行うことができ、患者様により適した薬物の医師への処方提案は薬剤師としてのやりがいと責任を感じます。また、認定・専門薬剤師といった先生も多く、処方の相談や意見交換をする中で、発見や勉強もあり、日々、学べる環境にあると思います。

また、早くより病棟業務に携わることにより、他の職種の方とも交流ができ、楽しく働ける職場です。

先輩薬剤師からの一言

薬剤師C

私は、薬剤部の皆さんの協力と病院の支援を受け、がん薬物療法および緩和薬物療法の認定資格を取得しました。抗がん剤等の患者指導だけでなく、医師や看護師等と治療計画を立てるなど充実したやりがいのある毎日を過ごしています。

薬剤師ならではの視点で、問題解決した時の患者さまや医療スタッフからの“ありがとう”を力に楽しく働いています。

薬剤師D

私は、感染制御チーム(infection control team:ICT)の一員として、薬剤師の視点から病棟ラウンドに参加するとともに感染情報の把握に努めて、院内感染症の発生・拡散の防止に寄与しています。

薬剤師として最も重点においている事は、抗菌薬が適切に使用されているかどうかです。培養の結果や抗菌薬感受性試験の結果を参考に、起炎菌に対して適切な抗菌薬が選択されているのか、患者さまの状態にあった投与量であるかを判断し、最適だと思われるものを医師へ提案しています。そして、提案した抗菌薬や投与量で症状が改善、安定すると嬉しく、やりがいを感じる瞬間でもあります。

ページのトップへ