home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

禁煙外来

禁煙外来

 タバコの害については、ここ最近メディアでも多くの情報が流れていますが、喫煙者本人の健康問題のみならず、非喫煙者の受動喫煙による健康被害は社会的問題ともなっており、各種受動喫煙防止対策支援事業制度が整えられるなど政府も力を入れています。

禁煙外来とは

 禁煙外来は、「ニコチン依存症」を治療する外来です。ただ、禁煙という言葉はタバコを強制的にやめさせられるというような切迫感を抱いてしまいがちですので、タバコを吸う生活習慣から卒業する、というイメージで「卒煙」という言葉に置き換えてみてはいかがでしょう。できればタバコをやめたいのだけれど、自力では上手くいかず、悶々とした日々を過ごされている方がおられましたら、肩の力を抜いて少しリラックスした状態で卒煙に取り組んでみませんか。
 私たち専門スタッフは禁煙を希望される方をあらゆる方面からサポートします。

診療日

 毎週水曜日午後

申し込み

 要事前予約

  • 申し込み先:鳥取市立病院 禁煙外来予約担当 ℡0857-37-1522(代表)
禁煙外来

最新タバコ事情 成人喫煙率

 平成22年の調査では、日本人の喫煙率は19.5%で、年々減少してきています。男性の喫煙率は32.2%で、40歳代がもっとも高く42.4%でした。平成7年より減少してきており、平成17年度に初めて4割をきっています。 一方、女性の喫煙率は8.4%で、20歳代が12.8%、30歳代が14.2%と若年層で高い値を示しています。男性に比べ、平成元年より9~12%の間を上下しながら漸増しておりましたが、今年は最も低くなりました。

厚生労働省「国民栄養の現状」(国民栄養調査結果)より


ページのトップへ