home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

整形外科

取り扱う疾患

一般に“運動器”と言いますが、体を動かすのに必要な器官すなわち骨、筋肉、関節、末梢神経、背骨の病気、けがを扱います。具体的には

  1. 首、腰の痛み、手や足の痛み、しびれなどを来す背骨が原因の病気(脊椎外科)
  2. 関節リウマチなど関節痛が主な症状の関節の病気(関節外科)
  3. 手、足および背骨のけが(外傷)
  4. 肩、肘、手などの上肢の痛みやしびれなどの障害(上肢の外科) 

などです。


特徴と方針

  • 各分野に専門家をチーフとして配置し、責任を持ってそれぞれの分野で最新、最善の治療を提供できる様にしています。
  • 入院中は主治医のみの回診ではなく、部長回診をはじめ複数の医師ができるだけ診察し患者様からより多くの情報を得て診療に反映する様にしています。
  • 地域の開業医の先生方と連携を取り、それぞれの役割の中で総合的に医療を進める様にしています。
  • ケガを扱いますので救急患者様の24時間、365日の受け入れ態勢を取っています。

診療内容

基本方針は、できるだけ安全に、できるだけ手術をせずに、できるだけ早く治る様に、できるだけ確実に治療をすることです。そのため、ご自身の状態を十分理解していただく事が必要ですので、可能な限り説明に時間を取ってお話をさせていただきます。


1.脊椎外科

麻酔科と連携し各種ブロック療法を併用したり、時には地元の開業医の先生に温熱療法や牽引療法をお願いしたりして多角的な治療体系を組んでいます。それらの治療で良くならない方を対象に手術を検討します。当院で行っている手術は一部ですが以下の通りです。

  • 頚椎椎弓形成術:何らかの原因で脊髄が圧迫され手足のしびれや麻痺が出たときにします。首の後ろからする手術です。
  • 胸腰椎椎体置換術:圧迫骨折などが原因で、体が支えられなくなったり、脊髄が圧迫されて足のしびれや麻痺が出たときにします。胸の横からする手術です。
  • 腰椎経後方椎体間固定術:何らかの原因で腰椎がぐらぐらしたり、脊髄が圧迫され足のしびれや麻痺が出たときにします。腰の真ん中からする手術です。

2.関節外科

もともとの関節の機能を温存し、その機能が十分発揮できる様な治療法を考えます。なるべく手術をせず、注射などの薬物療法やリハビリテーションなどで症状の改善をはかりますが、関節の破壊が強い場合には手術療法を取らざるを得ない場合もあります。また、毎週木曜日の午後にリウマチ外来を専門外来として設け専門医が治療を行っています。当院で行っている手術は一部ですが以下の通りです。

  • 人工膝関節置換術
  • 人工股関節置換術
  • 関節鏡を使った各種鏡視下手術:膝関節半月板切除術など

3.外 傷

必要な場合はなるべく早く手術をして、できるだけ早くリハビリテーションを開始することで単に外傷が治るだけではなく、全体の機能温存を優先させることを治療の基本にしています。そのため、緊急手術は24時間、365日対応で行える様になっています。


その他

1.検 査

MRI 、CT、脊髄造影、関節造影、筋電図などの生理学検査、骨シンチなどのRI検査などを必要に応じて行います。


2.カンファレンス

毎週2回、手術前、手術後、診療上判断に困っている症例などを持ち寄って、スタッフ全員で検討会をしています。これによって、いろいろな意見を治療に反映できる様にしています。

ページのトップへ