home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

眼科

診療方針

 当院は基幹病院ですので重症患者や紹介患者に注力するという方針のもとに診療を行っています。初診患者で重症と考えられる方に対しては、できるだけ早急に治療方針を決定します。再来患者の場合は、通院間隔を比較的長めに設定していますが、そのかわり来院された時には時間をかけて念入りな検査を行います。

 緊急性のある患者さまについては基本的にお断りしませんが、初診の場合は必ず開業医からの紹介状を持参していただく必要があります。当院の外来は常に混雑傾向にありますので、スムーズな診療を行うためには紹介状による情報収集が非常に重要と考えています。当院での診察の結果、軽症であることが判明した場合は開業医への逆紹介を行っております。

 限りある医療資源を重症患者に重点的に配分する必要性から、上記のような診療方針とならざるを得ないことをご理解頂きたいと思います。

基幹病院としての責任ある医療

 現代の眼科学は専門分化が著しく全ての分野で最先端の医療を行うことは困難になっています。そこで当院は基幹病院として無視することのできない疾患(例えば網膜硝子体疾患、緑内障、白内障、斜視弱視、ぶどう膜炎など)に注力し、重要度や頻度の低いと思われる疾患(例えば屈折矯正手術、眼腫瘍など)は専門の医療機関に紹介するようにしております。

 加齢黄斑変性に対する光線力学療法(PDT)、角膜移植術などは専用の装置を必要とするため残念ながら当院では行っておりません。これらの治療の必要な患者さまは、県内の他施設に紹介しています。

根拠に基づく診療

 当院では文献や成書あるいは学会などから広く情報を収集し、根拠(エビデンス)としての価値の高い情報を採択し、現時点で最も合理的と思われる治療を行うよう心がけております。反対に以前からある治療においても根拠がないと思われるものは廃止するよう努めます。

患者さまへの説明 インフォームドコンセントの徹底

 当院では術前の患者様に対して、細部まで詳しく説明を行うよう心がけております。眼科手術を受けた大部分の患者さまは視力が向上し良好な経過をたどっていますが、繊細な感覚器である眼球を手術する以上、稀に重大な合併症が起こりかえって視力が低下してしまう可能性は十分考えられることです。特に当院においては眼底疾患の患者様が多く、それなりに手術は難しくリスクも伴います。起こりうる手術合併症に関しての情報を十分に患者さまに理解していただいたうえで患者様自身が手術療法を選択するという手続きがいわゆるインフォームドコンセントです。

 医師による説明を十分に受けた上で、手術を受けるかどうかは患者さま自身に委ねられます。医師に気兼ねして不本意な治療を受ける必要は全くありません。術前の詳細な説明をした後に、手術を受けたくないとおっしゃる患者さまが当院でも実際におられます。

その他の特徴

  • 入院される患者様には、ほとんどの方にクリニカルパスを用意しております。クリニカルパスとは過不足のない標準的なな医療を行うための進行表のようなものです。クリニカルパスによって医療ミスの防止、入院期間の短縮、医療費の節減を図っています。
  • 近年の眼科医療機器の進歩は著しいものがあり、装置の優劣が医療水準を決定するといっても過言ではありません。当院では診断装置、手術装置ともに最新かつ最高レベルのものを導入するよう努力しています。優れた器械を使用することで診断の精度を上げ、治療時の負担を少なくするよう努力しています。
  • 当院では視能訓練士が診療・診断の補助を行っています。視能訓練士は、眼科領域における専門的知識を持つ技術者として医師の診断治療をサポートし、特に斜視弱視患者の診療に重要な役割を果たします。視能訓練士は小児から高齢者まで世代を問わず人間の一生に関わる‘眼’の健康管理に努めます。

こんな症状の方は一度眼科にご相談ください

  • 徐々に視力が落ちてきた(かすんできた)
  • 急激に視力が落ちた
  • 一時的に目の前が真っ暗になった
  • 目の前にごみが飛んで見える(蚊が飛んでいるようである)
  • 眼圧が高いと言われたことがある
  • 片眼ずつつぶって見ると、片方の眼の見え方が変だ
  • 物がゆがんで見える
  • 物が傾いて見える
  • 物が2重に見える
  • 視野が狭いような気がする
  • 視線が定まらない、焦点があっていないように見える
  • 眼が痛い
  • 眼が赤い
  • 近視、遠視、乱視などの屈折異常で悩んでいる
  • 小児で、片目をつぶり・首を傾けるなどの癖がある
  • 糖尿病があるが、眼の検査は受けていない

取り扱う疾患

網膜硝子体疾患
糖尿病網膜症 黄斑円孔 黄斑上膜 硝子体黄斑牽引症候群 裂孔原性網膜剥離 加齢黄斑変性 中心性漿液性脈絡網膜症 網膜静脈閉塞症 網膜動脈閉塞症 硝子体出血 近視性牽引黄斑症 黄斑下血腫 術後眼内炎 穿孔性眼外傷 等
緑内障
原発開放隅角緑内障 正常眼圧緑内障 落屑緑内障 急性閉塞隅角症 原発閉塞隅角緑内障 続発緑内障 ステロイド緑内障 新生血管緑内障 高眼圧症
水晶体疾患
水晶体脱臼/落下 白内障難症例 眼内レンズ位置異常
ぶどう膜疾患
サルコイドーシス ベーチェット病 原田病 ウイルス性ぶどう膜炎 猫ひっかき病 仮面症候群 HLA-B27関連ぶどう膜炎 転移性脈絡膜腫瘍
神経眼科疾患
斜視弱視
視神経炎 視神経脊髄炎 虚血性視神経症 甲状腺眼症 IgG4関連眼疾患 圧迫性視神経症 外眼筋麻痺 斜視弱視 眼瞼痙攣
外眼部疾患
前眼部疾患
涙道外傷 眼瞼下垂 眼瞼皮膚弛緩 眼瞼内反症 霰粒腫 麦粒腫 眼瞼炎 結膜炎 眼窩蜂巣炎 翼状片 角膜潰瘍 角膜ヘルペス 角膜内皮炎 アルカリ外傷 ドライアイ
全身疾患に伴う
眼合併症
高血圧 糖尿病 自己免疫疾患 血液疾患 等
 

当院では行っていない医療

  • 加齢黄斑変性に対する光線力学療法(PDT)
  • 角膜移植
  • 眼腫瘍に対する手術、化学療法(診断までは行います)
  • レーザーによる屈折矯正手術(LASIK)
  • 美容目的の手術
  • コンタクトレンズ処方(治療用コンタクトレンズは除きます)
  • 加齢性白内障に対する薬物治療
ページのトップへ