home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

肝細胞がん

■肝細胞がん治療

○ 1994年から2008年6月まで、肝細胞がん(HCC)104例に対して、肝切除術を行っています。術式は、系統的切除を80例(76.9%)に行っています。根治性が高く、術後の合併症が少ないことから、肝予備能が許す限り、解剖学的な系統切除を行うようにしています。術前の肝予備能評価は、ICG検査GSAシンチで行っています。術式の選択は、主に幕内基準を参考にしています。

◇長期成績

○根治手術が行われた93例(Stage I 17例、Stage II 32例、Stage III 31例、stage IVA 14例で長期予後について検討しました。Stage別の5年生存率は、Stage I 69.8%、Stage II 56.4%、Stage III 32.4%、Stage IVA 34.2%(図2-1)。全症例の累積生存率は、1年88.1%、3年66.7%、5年47.4%、10年16.7%(図2-2)。全症例の無再発生存率は, 1年75.3%、3年36.6%、5年28.9%、10年9.5%(図2-3)。
  表2-3から、術後3年以内の再発が、60%以上の症例に認められ、これは原発巣からの転移によるものと考えられます。また、術後3年以降も、緩やかですが、再発が認められます。これは、肝細胞がんに特有な多中心性発がんによるものと考えられます。このため、当院では、再発の多い術後3年以内は4ヶ月おきのdynamic CT、AFP測定を推奨しています。
 また、生存率と無再発生存率との違い(5年 47.4% vs 28.9%)から、他のがん種と異なり、再発したとしても、肝内での再発が多く、再肝切除、ラジオ波(RFA)、肝動脈塞栓術(TAE)などにより、延命を図ることが可能です。

肝細胞がん
肝細胞がん
肝細胞がん
肝細胞がん
ページのトップへ