home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

食道癌の内視鏡診断・治療

食道癌による死亡率は胃癌の7分の1程度ですが、胃癌の死亡率が減少傾向にあるのとは対照的に、食道がんは増加傾向にあると言われています。
 食道癌は男性に多く、大きな要因は飲酒と喫煙です。ほぼ毎日にように大量の飲酒を続けると、食道癌になりやすくなり、さらに喫煙が加わると食道癌のリスクが相乗的に上昇します。


食道癌の内視鏡診断

 食道癌は、胃透視での早期発見は難しく、内視鏡でも見逃されやすい癌です。内視鏡で早期発見するためには、ヨード染色(染色液を食道に散布して、染色の濃淡で癌を見つける検査法)を行っていました。しかし、この染色液は刺激が強く、胸焼けや胸痛を生じることがあり、この検査法の欠点でした。
 現在はNBIという新しい内視鏡画像技術で、ヨード染色に匹敵する検査が可能であり、ヨード染色に伴う苦痛はありません。当院でもNBIの導入が早期食道癌の発見に大きく貢献しています。


食道癌の内視鏡治療

(1)内視鏡的切除術
 食道癌も粘膜表面に留まり、転移のないものであれば、内視鏡的切除術で根治が期待されます。食道は細い管で内腔が狭く、壁も薄いため、内視鏡治療がやや難しい部位の一つです。当院では食道癌においても、内視鏡的粘膜切除術(EMR)および内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による内視鏡的切除を行っており、良好な成績が得られています。

当院での実際の症例

食道癌の内視鏡診断・治療
  1. 通常観察
    食道に異常な粘膜を認め、生検で食道癌と診断されましたが、これでは癌の範囲がどこまでなのかが分かりません。
  2. ヨード染色
    ヨード染色で正常粘膜は茶色に、癌は黄白色に変色します。これにより、食道の7/8周を占める長径6cmの大きな癌であることが分かりました。
    CTなどによる精密検査で転移がない、粘膜表層に留まる早期食道癌と診断されました。
  3. 切除後
    ESDにより病変を切除しました。全周切除してしまうと治療後に強い食道狭窄をきたすため、正常粘膜を細く残した亜全周切除を行いました。
  4. 切除標本
    病変をひとまとまりで取り残しなく切除できています。

当院での実際の症例

食道癌の内視鏡診断・治療
  1. 治療前
    末期の食道癌により食道は強く狭窄し、食道造影では食道は癌によりほぼ閉塞していました。これでは食事どころか水分も通りません。
  2. 食道ステント留置後
    内視鏡で狭窄部にステント(金属性の柔らかいメッシュのチューブ、癌がメッシュから浸潤しないように膜付きになっている)を留置しました。留置直後の食道造影では狭窄が改善しているのが分かります。ステントは2.3日でほぼ完全に広がり、経口摂取が可能となります。
ページのトップへ