home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

地域医療総合支援センター

センター長あいさつ

 病気になって一番不安な時を過ごしたのは、退院したその日の夜だったというお話を患者さまから聞いたことがあります。このような不安に見舞われることのないよう、切れ目のない医療を実現したいとの考えから、この度、地域医療総合支援センターをエントランスホール横に移転開設いたしました。
 本院での治療を終えたのち、安心してご自宅あるいは病院・施設で療養していただけますよう、本センターでは今後の治療や医療費に関する相談、関係機関との連絡調整、医療・介護サービスに関する情報提供などの働きにより切れ目のない医療の実現に努めます。
 当院は地域の中核病院として急性期医療を担う病院となっています。急性期病院とは、緊急もしくは重症な患者さまを中心に、入院および手術等、高度で専門的な医療を24時間体制で行う病院のことです。当院で必要な専門的医療が終わり、引き続き入院治療を要する方には療養病床、回復期リハビリ病棟などを有する病院に転院していただきますが、転院先の病院につきましては、できるかぎり患者さまの希望にそった病院・医院をご紹介させていただきます。
 一般に高齢者の多くは慢性の病気や障害を抱えており、病気の再然あるいは新たな病気の発生を機会に心身機能が一段と低下します。このような理由で高齢者の病気療養には「生活の支え」、すなわち「介護の支え」が必要です。退院後の在宅療養に備えて地域連携室は退院前から在宅かかりつけ医とともに、必要があれば介護・福祉施設とも連携をとらせていただきます。
 鳥取市立病院は切れ目のない医療、安心の療養生活の実現を目指し、地域を支える病院として歩んでまいります。        

地域医療総合支援センター長

地域医療総合支援センター
ページのトップへ