home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

看護師からのメッセージ

~当院看護師からのメッセージを紹介します~

緩和ケア認定看護師 K.K

わたしは緩和ケア認定看護師としてがんの急性期病棟で働いています。
 患者さんやご家族の苦痛をスタッフと一緒に和らげ、支えていくのがわたしの仕事です。緩和ケアは心理社会的なケア,スピリチュアルなケアも含まれていますので、診断当初からの不安,経済的問題などにも対応します。
 当院には他に、不妊看護認定看護師、感染管理認定看護師など各分野に特化した看護師が在籍しています。わたしたちのキャリアアップに対する思いを心理的にも金銭的にもバックアップしてくれたのが、看護局をはじめとする病院でした。
そのおかげで認定看護師の資格を取得することができ、現在のわたしたちがあります。
このように、当院はそれぞれの思いを大切にし、わたしたちのチャレンジを支えてくれる病院です。看護師を目指しておられるみなさまのなかで自分の興味のある分野が決まっている方、まだこれからだけど人と接し、ケアするのが好きという方、当院で一緒に働いてみませんか?あなたの『働きたい!』をわたしたちも一緒に応援します。


看護師 A.H

Q看護師になろうと思った理由
 幼い頃、身内が長期入院したとき看護師にとてもお世話になりました。とてもやさしくして下さった看護師にあこがれて、恩返しがしたいと思ったことがきっかけです。

Q日頃の看護について思っていること
何気ない言葉の相手に与える影響をまのあたりにして「言葉の重さ」を感じる毎日です。人と人とのコミュニケーションを大切にしていきたいと思っています。

Q患者さんに言われて心に残っている言葉
 「あなたが担当で良かった」と患者さまからいわれた言葉が心に残っています。

Q学生・潜在ナースへの一言
 看護師の仕事はとても奥が深い仕事です、自分を一人の人間として大きく成長させてくれる仕事だと思っています。ぜひ一緒に働きましょう。


看護師 Y.K

Q看護師になろうと思った理由
 祖父母が入院・通院をしている姿をみて自分が見てあげようという気持ちがありました。また、お見舞いに行った時など、看護師さんにやさしく接していただき、私も患者さまやご家族に信頼され、安心してもらえるような存在になろうと思ったためです。

Q日頃の看護について思っていること
患者さまと接するたびに“この方にとっての一番よい看護”をしようと思っています。しかし、私はまだ2年目と経験が少ないため、本当にこれで良かったのかと思うことがあります。
そのために、日々の学習で知識を深めることはもちろんですが、もっと経験を積みその方のとっての良い看護を自然にできるようになりたいと思っています。 

Q患者さんに言われて心に残っている言葉
 深夜勤の朝、患者さまのベッドサイドに訪室した時「あんたの顔を見るとホッとする。」と言って下さったとき、疲れも和らぐぐらい嬉しかったです。

Q学生・潜在ナースへの一言
 学生の方へ、実習と勉強と大変だと思いますが頑張ってください。看護師という仕事は、毎日が大変ですが、とてもやりがいのある仕事です。

ページのトップへ