home病院のご案内診療科・部門のご案内募集情報

大腸癌肝転移について

 1994年から20086月まで、大腸癌肝転移47例に対して、肝切除術を行っています。切除例の肝転移個数は、124例、2-414例、5個以上9例です。同時性の肝転移で、原発巣との同時切除を行った症例は11例(23.4%)です。

 大腸癌研究会のGrade分類では、Grade A 26例、Grade B 12例、Grade C 9例。全症例の1年生存率は88.6%3年生存率は51.6%5年生存率は47.9%(図3-1Grade別の5年生存率は、Grade A 50.8%, Grade B 72.9%, Grade C 0%(図3-2でした。Grade AよりGrade Bのほうが、予後が良好ですが、これはGrade Bの症例数が少なく、観察期間が短いことを反映していると考えられます。


 当院のデータからも、肝転移があっても根治が望めるため、積極的に肝切除を行っています。現在、転移個数やgrade分類での制限は設定せず、肝予備能が許す限り切除を行っています。また、切除率の向上を図るため、エタノールによる門脈塞栓術も取り入れています。

大腸癌肝転移について
大腸癌肝転移について
担当:大石 正博(おおいし まさひろ)医師
 日本外科学会認定医
 日本外科学会専門医
 日本外科学会指導医
 日本消化器外科学会認定医
 日本消化器外科学会専門医
 がん治療認定医
 がん治療暫定教育医
 日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
ページのトップへ